夏になり暑くなると、いつもに増して足がむくみませんか?

この原因って一体何なのでしょう。。。

むくむと辛いし、可愛いサンダルも履けません。

アンクル丈のパンツも、パツパツ・・・水着だって似合いません。

即効性のある解消法もぜひ知っておいてくださいね。



夏になると足のむくみがひどい!原因は何?

足がむくんでるかも、足がなんだか重たい感じがする、夏になると足の違和感を感じるという女性が多いと思います。

なぜ夏に多いのでしょうか?

それは夏だからこその原因があるのです。

むくみというのは、体内の水分バランスが乱れてしまい、余分な水分がたまった状態のことを言います。

夏は血管が拡張し、血流が良くなります。

血流が良くなるなら良いじゃない、と思いますが、ここに夏ならではの原因があるのです。

足の先まで流れた血液が心臓に戻るまでの循環が上手くいかなってしまう、血管が拡張しているので、重力で下肢に血液がたまったままになってしまう、そのせいで足にむくみを感じてしまうのです。

この循環が悪くなる一番の原因は冷えです。

夏は暑いために冷房の効いた室内で過ごしたり、冷たい物を飲んだり食べたりすることが多いですよね。

その結果、身体が冷えてしまい、血流や代謝が悪くなってしまい、むくみにつながるのです。

特に女性は男性より筋肉が少ないので、血液を下肢から心臓へ戻すポンプの力が弱く、足にむくみが生じやすいということになのです。

熱中症や脱水に気をつけなければならないので、水分もたくさん補給しないといけませんが、汗をあまりかかない状況で水分ばかりとってしまうと、むくみやすくなってしまいます。



足のむくみを解消する即効性のある方法とは?

足にむくみを感じたときの解消方法を教えます。

足のむくみの一番の原因は冷えです。

まず身体を冷やさないようにすることが大切です。

同じ体制でデスクワークしているようなら、身体を少し動かして、血流を良くしましょう。

休憩時間に下肢を高く上げるのもいいですね。

足首からふくらはぎにむかって、ゆっくりとさするようにマッサージすることで、下肢にたまった血流が上に流れます。

立ち仕事などは、むくみ防止の靴下やストッキングを着用するとなおいいです。

帰宅してからは、湯船にゆっくりつかりましょう。

夏はシャワーだけで過ごす人が多いとおもいますが、身体を温めることで血流が良くなり、代謝もアップします。

出来ればその日のむくみは、その日のうちに解消されるのが一番です。

毎日湯船に浸かった方がいいですね。

夏は暑くてシャワーだけで充分と思う人も多いかと思いますが、毎日じゃなくても週に2~3回などと決めて湯船に浸かるようにすると良いですね。

湯船に浸かることは下肢だけではなく、身体全体の血流を良くし、全身の疲れもほぐしてくれます。

代謝が良くなることで、身体の調子や肌の調子も整えてくれるので、一石二鳥ですね。

特に年齢を重ねるごとに血流や代謝が悪くなるので、冷えには注意しましょう。