足のむくみ、辛いですよね。

いつもと同じような生活を送っているつもりでも、夏の暑い時期や体調が悪かったりすると浮腫むという人もいます。

むくみは食べ物で解消できるのでしょうか。

むくみを解消してくれる食べ物、むくみやすい食べ物をそれぞれご紹介します。



足のむくみを解消したい!どんな食べ物がおすすめ?

夏に起こりやすい女性の足のむくみ。

クーラーや冷たい食べ物などの冷えからくることが多いのです。

そこで解消するためにはどのように注意して摂取すれば良いのかを紹介します。

夏だから暑くて、ついついアイスや冷たい飲み物を口にしたいですよね。

真夏の夜の外で、風を浴びながら仲間とビールを飲んだり、リフレッシュも出来て最高ですよね。

しかし外気からではなく、体内からも知らずのうちに冷やしていることもあるのです。

たまに食べる分には良いのですが、なるべく身体を冷やさないように、温かい食べ物を取るように心がけましょう。

身体を温めると言えば、昔から風邪の時などにも良いと言われるショウガです。

ショウガは血流も良くなり、腸の動きや肝臓の働きも良くなります。

カリウムを多く含む食品のバナナやカボチャなどもいいですね。

カリウムは体内の塩分と水の調整をしてくれる働きがあるので、むくみを解消してくれます。

ただし腎臓に病気のある方はカリウム制限があるので注意が必要です。

血流を良くするという意味ではポリフェノールが血液をサラサラにする効果があります。

緑茶や烏龍茶、コーヒーやココアにも含まれているので、温かい飲み物として摂取すると、冷えの対策として効果的です。



要注意!むくみやすい食べ物はコレ!

足がむくみやすいと言う人は、食べ物を見直してみましょう。

さきほども話したように、夏だからと言っても身体を冷やさないために、温かい物を食べることを進めます。

身体が冷えてしまうと血流が悪くなってしまうので、むくみやすくなってしまいます。

どんな食べ物が身体を冷やしてしまうのか。

単純に思いつく食べ物は、冷たいアイスや冷たい飲み物ですよね。

しかし、むくみは身体を冷やす以外にも原因があるのです。

それは塩分の取り過ぎです。

水分と塩分のバランスが崩れてしまうと、むくんでしまいます。

これは塩分を取り過ぎてしまうことで、その濃度を薄めようと水分を体内にため込んでしまうのです。

夏は熱中症に気をつけなければないないので、塩分も大切なものです。

しかし取り過ぎても身体の水分バランスが乱れてしまいます。

もしむくみが気になっているのであれば、普段の味付けを少し薄くすることから始めてみましょう。

塩や醤油、味噌やソースなどを、酢やコショウ、レモンなどで味の濃さを代用しましょう。

ソーセージやハムなどの加工品も塩分が含まれているので、取り過ぎはNGです。

カリウムが含まれる野菜や果物を取ると、塩分を排出する働きがあるので、野菜サラダはおすすめです。

その際、ハムの使いすぎに注意しましょうね。