鼻の毛穴の詰まりは皮脂が原因?

毛穴の黒ずみの原因はいくつかありますが、毛穴の詰まりは皮脂が原因です。

自然と肌から出てくる皮脂や、ファンデーションなどの化粧品などから出てくる油分が酸化して、毛穴をふさいでしまいます。

この詰まりは洗顔やターンオーバーによって、自然と角栓が取り除かれるものなのです。

しかしターンオーバーの乱れや、洗顔などで汚れが落としきれない場合は、汚れが毛穴に残ってしまうのです。

その角栓が大きくなってしまって、毛穴も開いてしまいます。


毛穴の汚れが気になるからと、指で押し出したりすると、それが刺激となり色素沈着を起こしたり、毛穴が広がってしまうので、かえって悪化してしまう恐れがあります。


入浴時は、顔を温め毛穴を開いてから洗顔するようにしましょう。

毛穴が開けば汚れも落ちやすいです。

入浴後は、開いた毛穴を閉じなければなりません。

開いたままだとまた角栓が詰まってしまい、同じ事を繰り返します。

洗顔後は、広げた毛穴を閉じるために、水洗いやタオルで冷やすことが大切です。

冷蔵庫に化粧水を冷やしておくと、さっと塗れて便利ですよ。

肌を冷やすことで、開いていた毛穴がキュッと締まります。

汚れを出さないようにすることは無理ですが、毛穴を開いたり閉じたりはケアのやり方で出来るのです。



鼻の毛穴の詰まりを取るにはどうすればいい?

鼻の毛穴の詰まりを押しだしたりするのはダメです。

「それならどうやって汚れを取り除けばいいの?」と思いますよね。

そこで鼻の毛穴の詰まりを解消する方法を教えます。


一番いいのは汗をたくさん書くことです。

毛穴から汗が出ることで、奥から詰まりが取れます。

そのためには適度な運動をしたり、半身浴などがおすすめです。

毛穴が開いて、奥から汚れが押し出されたら、洗顔で洗い流します。

このとき洗顔料をきちんと落とさないと、今度は洗顔料が毛穴に詰まってしまうので気をつけましょう。


それでもまだ気になる人は、ピーリングやニベヤパックやオロナインパックをしてみましょう。

オロナインパックは炎症を抑える効果もあるので、ニキビ跡にも有効です。

ニベヤパックは油分が多いので皮膚を柔らかくして、毛穴の汚れを押し出してくれます。

他にはベビーオイルなどで、肌や角栓を柔らかくして、綿棒などでクルクルとこすっていると取れるという方法です。


ただし、やりすぎは肌にダメージを与えてしまうのでよくありません。

油分が多いと毛穴詰まりの原因の皮脂が増えてしまうので、週1回程度がいいでしょう。

また、油分が多いからと洗いすぎると、今度は必要な皮脂まで奪っていまい乾燥してしまうので注意が必要です。