鼻の毛穴の黒ずみにはどんな種類がある?

鼻の毛穴の黒ずみにはいくつかの種類があります。

自分がどれに当てはまるのかをチェックする為にも、まずは自分の肌の調子を見てみましょう。

乾燥肌ですか?オイリー肌ですか?ニキビはありますか?

そしてあなたの日常生活はどうでしょうか。

適度な運動をしていますか?外にいることが多いですか?


毛穴の黒ずみには種類があり、タイプによってケアの方法も変わります。

自分はどのタイプの黒ずみなのか確認しましょう。

毛穴の黒ずみには4種類のタイプがあります。

・メラニンの蓄積で黒ずむタイプ

紫外線によって、毛穴の入り口の部分にメラニンが蓄積されることで黒ずんでしまう。

・皮脂の分泌で黒ずむタイプ

皮脂が過剰に分泌され、ファンデーションのメイク残りや、ホコリなどの汚れと混ざって角栓が出来てしまう。

・毛穴が広がって黒く見えるタイプ

肌が乾燥していると、肌を保護するために皮脂が過剰分泌してしまい毛穴が開いてしまう。

・ニキビによる黒ずみタイプ

オイリー肌のためにニキビが出来てしまい、炎症を起こして跡が残ってしまう。


どのタイプに当てはまりましたか?

皮脂が多いタイプなら、皮脂を抑えるような化粧品を使ったり、洗顔方法を再確認する必要があります。

紫外線によるタイプなら、紫外線対策として日焼け止めを塗ったり、日傘などで紫外線を浴びないように心がけることが大切となります。



鼻の毛穴が詰まりやすいのは何故?

鼻の周りに黒いブツブツ。

これは毛穴に角栓が詰まっている状態です。

この角栓が古くなると黒くなってしまいます。

一度くらい気になって、指で押してニュルって出した経験があるのではないでしょうか。

いくらこんなふうに取ったとしても、根本的なことが解決しない限り、何度も詰まってしまいます。

ではなぜ鼻の毛穴は詰まりやすいのでしょうか。


毛穴に詰まっている角栓は余分な皮脂です。

単純オイリー肌の人は詰まりやすいということになりますね。

しかし、乾燥肌の人でも詰まるのです。

乾燥して皮膚が硬めになってしまうと、詰まった角栓を排出する力がなくなってしまうからです。

それを考えると、毛穴の汚れを取りたいからと、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使うと、肌を保護する必要な皮脂まで奪ってしまい、かえって乾燥肌になってしまいます。

またきちんと洗わないと、洗顔料が残ってしまい、それも角質の原因となります。

他には老化による毛穴のたるみです。

毛穴が開いたままだと、もちろん汚れが溜まりやすくなってしまいますよね。

汚れを落とした後は毛穴を引き締めるようなケアをしなければ、せっかく落とした角栓がまた出来てしまい、繰り返してしまいます。

ターンオーバーを正常に戻すよう心がけましょう。