ほうれい線が消える方法として口コミで根強い人気のある「ガッテン流」という方法。

これってどんな方法かご存知ですか?

マッサージとは違う、ほうれい線の対策方法です。

ぜひ参考にしてくださいね。



ほうれい線の消し方「ためしてガッテン流」をご紹介!

「ためしてガッテン」で放送していた、ほうれい線を消すリンパマッサージが話題となっています。

マッサージといえば両手を使って、マッサージをするのが基本ですよね。

「ためしてガッテン」で紹介されたリンパマッサージは、なんと顔に一切触れないというものなのです。

どうゆう方法なのか気になりませんか?

ここではその方法を紹介します。

1,鎖骨を大きく動かすイメージで両肩を回します。

2,鎖骨のくぼみに手を当てて、ゆっくり3回まわします。

3,首の側面に手を当てて、鎖骨の方へリンパ液を流すイメージで、ゆっくり3回まわします。

4,人差し指と中指の間に耳を挟んで、耳の周りにあるリンパ節を刺激するイメージで、ゆっくり3回まわします。

5,耳の後ろから鎖骨のくぼみまでなでるように手を下ろします。

6,左右交互に手を肩に当てて、肩に沿って鎖骨のくぼみまで流します。

注意点は無理に皮膚を引っ張らず、優しくなでることです。

顔そのもののマッサージではなく、顔の周りのリンパの流れを良くすることで、栄養が隅々まで行き渡り、肌に弾力が生まれていきます。

お肌に栄養を送るためには、バランスの良い食事とリンパマッサージで血行をよくすることが一番大切だということです。



ほうれい線をなくすマッサージって本当?なぜマッサージで消えるの?

マッサージといえば、筋肉の凝りがほぐれたり、リンパの流れを良くして老廃物を排出したりと、身体にとっては良いイメージですよね。

しかし、顔のお肌はデリケートなので、マッサージについて行った方が良いか悪いかと聞かれれば、良いとも悪いとも言えず、マッサージのやり方によっては逆効果になってしまう可能性もあるのです。

マッサージとは強く押したり、さすったり押し上げたり、いろいろ方法はありますが、顔にこのマッサージをするには逆効果となります。

マッサージをすることで、皮膚に摩擦が起こり、シミやシワの原因を作ってしまうのです。

1日の疲れを取るために、入浴中にマッサージを行う人もいると思います。

もちろん血行を良くする意味では良いことですが、それだけではマッサージ効果が現われません。

一番効果的な方法は、ぐっすりと眠った翌朝です。

疲れが取れて、凝りが解消された朝が一番効果的だと言われています。

そして、マッサージを行うときは、皮膚に強い刺激を与えないように、オイルやクリームを塗って、摩擦を抑えるようにしましょう。

最も良いのはやはり手を使わずに、内側から刺激することです。

さきほども述べたように、口を動かす方法で筋肉を動かすことが効果的です。