女性の大きな悩みのひとつ「ほうれい線」。

顔がますますたるんで見えて、本当にどうにかしたい悩みです。

顔の筋トレのような運動をしたら効果がありそうですよね。

そこで、ほうれい線をなくすという運動をご紹介します。

でも、このような顔の筋トレで本当にほうれい線が消えるのでしょうか???



ほうれい線をなくす運動をご紹介!

顔を一気に老けさせるほうれい線。

なくなったらいいですよね。

そんなほうれい線をなくす顔の運動をご紹介します。


顔の運動すなわち、顔の筋トレをするには、まず筋トレ前にこわばった顔をほぐす必要があります。

使ってない筋力をいきなり動かそうとすると、細胞を壊してしまうので、まずはウォーミングアップから始めましょう。

軽く「あ、い、う、え、お」と口を動かし、頬周りの筋肉を伸ばします。

眉毛の上下運動や両目をぎゅっと閉じて、パッと開く運動もしましょう。


ウォーミングアップが済んだら、筋トレ本番です。

さきほどの「あ、い、う、え、お」を大きく動かしましょう。

「あ」は全体的に広げる。
「い」は口角を横に広げる。
「う」は唇を突き出す。
「え」は口角を上に上げる。
「お」は唇を突き出し縦に広げる。

これを数回繰り返しましょう。

そして、ほうれい線に効果的だと言われているのが「舌回し運動」です。

口を閉じて、歯と唇の間を舌でなぞり、上下一回転させます。

左回り、右回り、それぞれ10回ずつ。

たったこれだけです。

慣れないと舌がつったり、すぐ疲れてしまうので5回ずつから始めてもいいかもしれません。

簡単そうで案外キツいこの舌回し運動です。

でも、この舌回し運動を行うことで、口周辺の筋肉が鍛えられます。

もちろん、血行も良くなるので、新陳代謝が促され、とても効果的なんですよ。

顔の運動をすることで、顔のこわばりが取れ、小顔になることも期待出来ます。



ほうれい線に顔の筋トレって効果があるの?

年齢を重ねるごとにほうれい線が目立ってきてしまいますよね。

ほうれい線の溝が深くなり、たるみが大きくなるほど老けて見えてしまいます。

そんなほうれい線に顔の筋トレって効果があるんでしょうか。

ほうれい線が消えてくれるのでしょうか。

効果はたしかにあります。

ただ、間違った方法で筋トレをしてしまうと、かえってシワが増えてしまうことがあるので注意が必要です。

ほうれい線とは何故出来るのでしょう?

ほうれい線の一番の原因は頬の筋肉の衰えです。

年齢と共にお肌の水分量が減り、ハリがなくなってきてしまいます。

ハリがなくなり、筋力が衰えると「たるみ」として頬の脂肪が重力で下がってしまうのです。

それが「ほうれい線」です。

ほうれい線は太っている人より、痩せている人が多いようです。

太っている人は脂肪がついているのでお肌が張っているという状態といえます。

ほうれい線は筋力の衰えと言いましたが、それなら頬の筋トレをすれば、ほうれい線が改善出来る?と思いますよね。

筋肉を付けても、皮膚のたるみはコラーゲン不足などが原因なので、いくら筋肉をつけようと頑張っても、改善は出来ません。

お肌の水分などのハリも考慮しながら、筋トレをしましょう。

なにより大事なのは、ほうれい線自体を改善するというよりも、顔全体のたるみを改善するという方法で筋トレをした方が、改善が早いと言われています。

顔全体的なたるみが解消されると、自然とほうれい線も解消されるからです。