毎日スキンケアをしっかりしているつもりでも、気が付けば目立つのが「毛穴の開き」。

開いてしまった毛穴は引き締めたいですよね。

そんな悩める毛穴の開きにはビタミンC誘導体が配合された化粧水がおススメなんです。

毛穴の引き締めにいいビタミンC誘導体って何?

ビタミンCは抗酸化作用や美白などの効果に優れた成分としてよく知られていると思いますが、実は水や熱・光に弱く壊れやすい性質のため、化粧品に配合してもビタミンCがもつ効果が十分に発揮されないという欠点がありました。

さらに、純粋なビタミンCは肌につけても浸透しにくいという性質もあったため、人工的に改良して安定化させ、肌に浸透しやすくした成分が「ビタミンC誘導体」なのです。

ビタミンC誘導体が配合された化粧水の効果とは?

①皮脂分泌抑制効果

ビタミンC誘導体には「抗酸化作用」「新陳代謝の促進」「色素沈着予防」「美白効果」など多くの効果があります。

さらに皮脂分泌を抑制する働きがあることから悩める毛穴の引き締めに効果が期待できます。

毛穴というものは常に引き締めていないとすぐに開いてしまうもので、開いている状態のままでは繰り返し皮脂が分泌されてしまい、さらに酸化して黒ずみを生じ、ますます目立つものです。

そこで、皮脂分泌を抑制する働きがあるビタミンC誘導体を使用することで、はじめは毛穴が開いている状態でも、使い続けることで黒ずみをできにくくして、黒ずみを解消し、毛穴が小さく引き締まり、目立たなくなっていくというわけです。


②コラーゲン生成

ビタミンC誘導体にはコラーゲンの生成を促進してくれる作用もあります。年齢と共に減少してしまうコラーゲンをビタミンC誘導体が積極的に生成させることで、しぼんでいた肌に水分が保たれるようになり、内側からハリが与えられ、ふっくらとした肌になっていきます。

その働きが続くと、毛穴は小さく引き締まっていき、目立たなくなっていきます。

ビタミンC誘導体が配合された化粧水の選び方

ビタミンC誘導体と一言で言っても「水溶性ビタミンC誘導体」「油溶性ビタミンC誘導体」「両性ビタミンC誘導体」の3タイプがあります。

その中でも、化粧水のような「水」と相性が良いのは「水溶性ビタミンC誘導体」と「両性ビタミンC誘導体」と言われています。

それぞれの特徴を見ていきましょう。


①水溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体は、水との相性が良く短時間で肌の角質層まで浸透できる肌なじみの良さが特徴です。

化粧水の成分表示には、「リン酸アスコルビルNa(APS)」「リン酸アスコルビルMg(APM)」「アスコルビン酸グルコシド」などと表記されています。


②両性ビタミンC誘導体

両性ビタミンC誘導体は、水溶性ビタミンC誘導体と水溶性のビタミンC誘導体に油分を結合させた油溶性の性質をもつビタミンC誘導体のことで、肌の角質層まで浸透しやすく穏やかな使用感のため敏感肌や乾燥肌の方におススメのビタミンC誘導体と言えます。

化粧水の成分表示には、「アプレシエ・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」「イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(APIS)」「イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(FuncosC-IS/VCP-IS-2Na)」などと表記されています。


是非、お使いの化粧水で毛穴の引き締めに効果を実感できないという方は、このようなビタミンC誘導体が配合された化粧水を一度ご検討くださいね。